愛だらけ練馬区

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤毛のアン

<<   作成日時 : 2009/04/18 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

世界名作劇場シリーズ第五弾はまさに世界的に名作とされているこの作品が登場!


赤毛のアン


画像



老兄妹のマシュウとマリラは孤児院から男の子を引き取ろうとするが、手違いで女の子のアン・シャーリーが来て、ひと波乱あった挙句アンを引き取り、やがてアンは二人にとってかけがえの無い存在に・・・・。まさに珠玉の一作です。美しいグリーン・ゲイブルズの大自然もこの作品の見所のひとつ。


原作はもちろんモンゴメリの「赤毛のアン」。このアニメ・赤毛のアンは世界名作劇場シリーズでも一番原作に忠実なのである。母をたずねてとかはほとんどアニメのオリジナルストーリーらしいしね。なぜここまで原作に忠実かというと、監督がアンの心情を理解できなかったかららしい・・。

かの有名な宮崎駿氏が名作劇場に最後に関わったのもこの作品。名作劇場から離れた理由はアンが嫌いだかららしい。ロマンと冒険が好きそうな宮崎駿氏には赤毛のアンは退屈だったのかもしれない。しかし、アンを離れてその後出来上がった作品は名作・カリオストロの城!いや〜すごいね。

この作品はどちらかと言うと女の子向けな作品なので、熱血硬派な男子諸君にはイマイチな作品である。という感想をよく聞きます。が、熱血硬派な男子の私が名作劇場にハマッたキッカケはたしか赤毛のアンだった・・・・。たしか。


PICKUPキャラクター

アン・シャーリー

画像


「卑怯者ーーーーー!!」

生まれてすぐに両親が亡くなって、後にいろいろ苦労してグリーン・ゲイブルズにやってきた名劇きってのポエマー。想像力が凄まじい。多分名劇キャラナンバー1。しかし頭の良さも名劇キャラでもトップクラス。ドジも多いけど、同じミスは二度としない。まとめると恐ろしい潜在能力の持ち主。その潜在能力は大人になって大いに開花しました。大人になったアンは、ペリーヌやカトリ級の完璧超人です。個人的にはムラッ気あふれる子供のアンのほうが好きだったり・・。


アンを取り巻く学友たち

ダイアナ
アンの唯一無二の親友。心の友となる。キャプ翼でいったら岬くん。パワプロでいったら矢部くん。酒癖が悪い。

ジェーン
思いのほか影が薄い。

ルビー
アンに負けず劣らずの爆弾もち。個人的に好きなキャラ。

ジョーシー
赤毛のアン版の女ジャイアン。

ギルバート
赤毛のアンでは貴重な男の中心人物。アンに石版を叩きつけられて以降ライバルとなる。和解後はいい関係になっちゃったり。


アンの家族

マシュウ
そうさのう・・・。の人。この作品の裏の主人公かもしれない。アン以外の女性が苦手。「1ダースの男の子よりお前にいてもらうほうがいいよ・・。」「アンはワシの娘じゃ」などなど名言が非常に多い。おのれアベイ銀行め・・・。


マリラ
最初はつんけんしててアンに厳しく当たる部分も見られたが、それは愛情の裏返し。ホントはアンを実の子のように大事に育てていたのだ。マシュウの葬式の後のシーンは涙無くしては観られません。


赤毛のアンは、アンの面白さもそうですけど、アンを取り巻く人々がみんな人間的で魅力あるキャラクターですね。


さて、赤毛のアンは文句なしの名作なんですけど、最近その続編である「こんにちはアン」がアニメ放送されているらしい。続編といっても、アンのさらに子供時代、スターウォーズでいうならエピソード1的な話なんですけど。残念ながら地上波放送じゃないし、ウェブ配信も無いみたいなので観れませーん!

絵柄も昔の名劇チックなので期待してたんだけどなー。どうなんだろう??

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アルプル高橋さんこんばんは。

おお!!この「赤毛のアン」の本は自分も持っていますよ。
中々面白い話が読めていいですよね。
自分も「赤毛のアン」を観返して素晴らしい作品と再確認しました^^
あとメッセージ送りましたが届いたでしょうか?

それと間違えてコメントしてしまいましたので削除して下さい。

ではでは
はぎ
2009/04/19 21:17
メッセージありがとうございます☆
時間がある時にナイショで楽しもうと思います〜♪

赤毛のアンには不朽の名作という言葉がよく似合いますね!

あの本は高かったけど、値段に見合う内容だったので大満足です。ああいった名劇ブックがもっと出てくれないかな〜。
アルプス高橋
2009/04/21 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文

ブログランキング

クリックしてくれたら嬉しいな♪
  • BS blog Ranking
  • にほんブログ村
  • p-netbanking
  • 赤毛のアン 愛だらけ練馬区/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる